FC2ブログ
 2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

『ALWAYS 三丁目の夕日』

2007年09月03日(月)


icon
icon『ALWAYS 三丁目の夕日』
吉岡秀隆、堤真一
icon


妹が買ったDVDで観ました。
お話は・・・『昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくるが、小さな工場を見てがっかりした様子。一方、駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介は、一杯飲み屋のおかみ・ヒロミのもとに連れてこられた身寄りのない少年・淳之介の世話をするハメになり…』ってお話。
大好きな堤さんが出てたにも関わらず、観たのは公開からだいぶ後でした┗|*´Д`|┛
昭和30年代のお話ってことで『暗いのかなぁ?』と勝手に想像していたんですが、観てみると笑いと涙が交互に来るってかんじ(●゚∀゚)ノ!!
この映画がいろいろな賞を取ったのが納得できる作品でした。
 
まず堤さん。
昔の頑固オヤジがとてもよくハマってて(人´З`).:*
かっこいい堤さんではなくて、コミカルなオヤジになってました(笑)
『フライ,ダディ,フライ』の時とはまた別の面白さでしたよ。
一方、対照的なのが薬師丸ひろ子さん演じるお母さん。
【日本の良きお母さん】みたいなかんじで。
この二人がとってもにお似合いでした♪♪
続いてびっくりしたのが堀北真希ちゃん。
私、この映画を観るまではそこまでこの子は演技がうまくはないと思ってたんですが、この映画ではすごく良かった(●´ω`人´ε`●)
けなげなかんじや可愛らしさが合ってて、かなり好感度アップしました(笑)
最後に超かわいかったのが須賀健太くん!!
【天才子役】と言われてる子ですが、やっぱり泣かせますねぇ。
文句ナシに可愛すぎ!!
 
このお話は東京タワーが建設中の昭和33年が舞台です。
『CGとか大丈夫なのか!?』と思ってましたが、全然違和感なく。
本当に昭和30年代を見ているようでした(って昭和30年代ってリアルでは知らないんだけどね・笑)
現代の映画なのに、あれだけ昭和の雰囲気が出せるなんてすごいなぁと感心したくらいです★★
そんな『ALWAYS 三丁目の夕日』icon
今まで観た映画の中でかなり上位になる作品なので、みなさん是非観てみて下さいね(○´∀`)

『ALWAYS 三丁目の夕日』〈通常版〉
★通常価格3,990円(税込)⇒2,793円(税込)!!!30%OFF
icon


●監督●山崎貴
●CAST●堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪、堀北真希、須賀健太、三浦友和
スポンサーサイト
Edit  |  14:45 |  ★DVD紹介★(邦画)  | TB(0)  | CM(1) | Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2008.01.23(水) 17:02 |  |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

http://mametaro3.blog114.fc2.com/tb.php/54-7894e6c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。